野球道具好きグローブ、グラブのブログ

野球 グローブ 、グラブ、野球用品野球グッズ好きに

甲子園の経済効果はすごい!アマチュアスポーツ最高額?


スポンサードリンク

 

広告

 

 

 

 

こんにちは。

 

2020年の甲子園中止になり、

 

経済損失約672億円みたいです。

 

春も無くなりましたが、

 

「当初無観客で開催します!」

 

と運営側は言ってました。

 

無観客のセンバツでは、経済損失約233億円

 

開催出来なかったのでさらに倍近く!?

 

詳しくは

https://s.resemom.jp/article/2020/03/09/55233.amp.html

 

今年の春夏甲子園できずに

 

約1000億円の損失!?

 

マチュア最高額らしいです。

 

それだけ甲子園とは、人気ってことなんですよね。

 

夏は大会期間中、特番で「熱闘甲子園っていう番組があるぐらいですからね。

 

とにかく

額がすごすぎて意味不明ですね笑

 

 

広告

 

 

 

高校野球ってプロと違って、多い日だと1日4試合するんですよね。

 

大会期間中約3週間、約80万人が来場します。

 

その来場者がグッズ購入、飲食、したらとんでもない額が動きますよね。更に飲酒OKなんですから笑

暑いしビールはバカ売れです。

 

二年前の第100回大会は試算で433億円の経済効果?

f:id:glove89:20200525113237j:image

https://m.newspicks.com/news/3220652/

 運営側も大変そうですね。

 

でも、出る側も出る側で大変なんですよ。

甲子園に出場して1試合するのに約2000万かかります。

遠征、用具費用、応援団のバス代、食費、入場料などなど。遠い県は尚更

勝てば勝つほどお金がかかるんです。

 

各々が負担するんでしょうが。

 

 

f:id:glove89:20200525115455j:image

甲子園へ広告出すのもとんでもない額ですね。スポンサーや、広告主も大変です。

 

 

 

 

中止の発表がインターハイに比べて遅れたのも、この「額」が関係してそうですね。

 

でもスポーツ事業は儲けを出さないと長く続けられないのです。

 

つまり

 

甲子園は素晴らしい!

 

来年は無事開催できますように。

 

広告